Something new

連載小説、カフェレシピ、
そして近況。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 近況
  4. 「懐かしさ」という羅針盤に導かれて

「懐かしさ」という羅針盤に導かれて

今思えば、月に導かれていたんだなと思います。

15才の時に構想し、20歳の時にようやくかたちとなった私家版の漫画があります。

そのタイトルは『ムーンパイロット』と言いました。

話は、人類がしばらく地球から月に移住して
地球の環境が自然と回復するのを待つという選択をし
無事に第一陣のロケットが月へ飛んでいくまでのストーリーでした。

その途中、とある島の森の奥で、人類の過去についての意外な発見があり、
それを知った一部の人々は、感慨深い中で月への移住を受け入れていくという
そこが心理的はクライマックスでした。

そして読み手は、その事実の目撃者になってもらうような視点で
絵を描いていったのを思い出します。

三日月が出ている摩天楼のトップページ

「袖触れ合うも他生の縁」

ちょっとすれ違って袖が触れ合ったくらいの人同士でも
今生ではない縁があるというのなら、
僕がこんなに月に惹かれ、思春期に絵のついたお話まで作ったのも
きっと大きな縁なのでしょう。

懐かしさとともに月を遊ぶ、月で遊ぶ。
そのくらい近しい存在です。
「月見かえるとは?」について書いた
aboutページもどうぞご覧ください。

関連記事

おすすめの記事

カテゴリー

検索